主な神々の系譜①

主な神々の系譜②

  • 天照大御神の長男、正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命が代々、今の百二十五代、天皇とつながっています。弟の天之菩卑能命は、出雲大社の大国主命をお守りしています。それが出雲大社の千家(せんげ)宮司です。
    神代の昔、天照大御神の長男が大国主命から国を譲っていただきました。天照大御神はいたく感激され、大国主命のために天日隅宮(あめのひすみのみや)をつくり、次男である天之菩卑能命を大国主命を永久にお祀りしてお守りするよう命じました。この天日隅宮が今の出雲大社で、天之菩卑能命の子孫は出雲大社宮司の千家(せんげ)家です。
    ですから、出雲大社の宮司の千家家と天皇は、遡ると兄弟にあたります。